おしぼりの温度に気を配っていますか?

来店された大切なお客様に、少しでも快適な気分を味わっていただくためにも、提供するおしぼりの温度管理はとても大事です。

茹だるような真夏の暑い日にはキンキンに冷えたおしぼり!
底冷えするような真冬の寒い日にはアツアツのおしぼり!

そんなおしぼりが出てきたら嬉しいですよね。
季節やその日の天候、さらにはその時の状況を踏まえておしぼりの温度に気を配ることで、その気遣いはお客様にもきっと伝わるはずです!

でも、本当のところ、おしぼりの温度について、お客様はどう感じているのでしょうか?

お客様に心から喜んでいただきたい!
その気持ちから、実際に店舗に足を運び、お客様にアンケートをとりました。

おしぼりの温度についてのお客様アンケート

「夏と冬で、おしぼりの温度を変えて欲しいですか?」
とのアンケートをとったところ、70%以上の方が、
季節にあわせて「温」「冷」を分けて欲しい!との回答でした。

では、お客様の望む「温」「冷」は、具体的に何度なのでしょうか?

季節や室温など、いくつかの異なる環境で、異なる温度のおしぼりを出し、「気持ちいい」「好き」と感じる温度を調査してみると・・・

Q:季節ごとに調査:「気持ちいい」と感じるおしぼりの温度は何度?


春・夏は5℃、秋・冬は60℃のおしぼりが快適!

季節ごとに実験

具体的にこんな声もいただきました。

「夏場に営業途中で寄った喫茶店で冷たいおしぼりが出てくるとすっきりして癒されます。」
(32歳会社員 男性)

「生ぬるいおしぼりは嫌い。夏は冷たく、冬は温かくして出してほしい。」
(29歳会社員 男性)

お客様の声にもあるように、季節ごとに温度管理されたおしぼりが望まれていますね。

アンケートは実店舗で伺ったお客様の声、および以下より引用
• 「おしぼり顧客満足度調査」2002~2003年度におしぼりレンタル協同組合(現在は東日本おしぼり協同組合と統合合併)ホームページにて実施
• 株式会社リサーチパネル調べ(13/09/22 ~ 13/09/23 サンプル147,925件)
• 東日本おしぼり協同組合主催による「おしぼりの日アンケート」(2006/10/29 サンプル1,007名)

とはいえ、夏だから冷たく、冬だから温かいおしぼりを用意すればいいというわけでもないようです。

Q:異なる室温で調査:「気持ちいい」と感じるおしぼりの温度は何度?


室温30℃では5℃、室温20℃では60℃のおしぼりが快適!

状況によってはこんな声も!

「おしぼりを二本出してくれるお店がありますね。食事の前に温かいものを、食後に冷たいものを、とか。ちょっとしたことですがサービスが良いなと思います。」
(26歳会社員 女性)
「冬場でしたが、辛い鍋を食べたあと汗だくになってしまい、冷たいおしぼりを出されてとてもスッキリしました。」(22歳学生 男性)
「真夏のタクシーのクーラーで体が冷え切っていたので、私だけ温かいおしぼりを頼んだら出してくれたお店があり、とても嬉しかった。」(34歳会社員 女性)

季節や天候だけではなく、室温や状況によって、好まれる温度が違うようです。

このように提供されるおしぼりの温度でお客様の気持ちも大きく変化します。おしぼりの温度の大切さがわかりますね!

• 引用元:日本感性工学会にて発表された論文「おしぼりの温度が感性評価に与える影響について」
http://www.3kyo-os.com/media/images/media_14_5_jske_report.pdf
• サンプル数62名
• 一番気持ちいいと感じた温度の割合をグラフで示したもの 論文の著者:添田 泰弘 氏
2007年よりおしぼりの感性評価等に関する研究に従事.2015年に博士号(工学)を取得
2015年に上記実験結果を掲載した「おしぼりの温度が感性評価に与える影響-四季を通しての調査(室温差及び性差)-」が日本感性工学会論文賞を受賞

いつでもお客様のご要望にあわせた温度でおしぼりを出せるようにするには

保温・保冷ができるおしぼり専用のボックス「おしぼりウォーマー(ホットキャビ・タオルウォーマー)」を用意しましょう。

「おしぼりウォーマーは、ホット専用を用意して、冷たいおしぼりは冷蔵庫で用意すればいい」
と思っていませんか?

冷蔵庫は食品も保管されているからにおいがうつり、清潔感が台無し!
冷蔵庫でも保管は冷えすぎてしまうこともあり!

お客様に提供する際に季節、気温、室温、料理やサービスの種類なども踏まえて喜ばれる温度のおしぼりを提供することが大切です。
しっかり準備を整えてお客様をお迎えしましょう!

もちろん、温度以外にもおしぼりには大事なポイントがあります。
飲食店におすすめのおしぼりは?」の記事も是非参考にしてください!

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます