お客様の声

MOCAを導入いただいたお客様の声を紹介いたします。

魚河岸 ていじ 様
朝どりの函館と地物房総の魚貝を備長炭で

『おしぼりを2本出ししています』

導入のきっかけについて

もともと「焼鳥ていじ」というお店を運営していましたが、その2号店としてオープンすることとなり、おしぼりのレンタルを検討していました。
魚介がメインになるので直接手で召し上がっていただく料理も多いため、おしぼりは必須と考えていましたので。

――― おしぼり保管庫の大事さを教えてもらった

レンタルおしぼりのことは考えていたものの、保管庫のほうについては、初めはあまり深く考えていなかったのですが、レンタルおしぼりの流れからいろいろお話しをうかがって、いいおしぼりをお出しするには保管庫が大事なのだと知りました。

導入後の感想について

――― 便利でとても助かっています

思っていた以上におしぼりの2本出しはお客様に喜ばれます。そのためには大容量の保管庫であることも大事ですが、状況によって温かいおしぼりと冷たいおしぼり、どちらでも出せるようにしておくこともとても大事ですね。
MOCAはそれを実現してくれる優秀なお店のパートナーです。

ホットキャビ購入を検討されている方へ一言

ホットとクールの両方同時に対応できるのはお店の強みになると思いますよ。
アステップさんはさすがおしぼりのプロとあって、おしぼりの出し方や大きさ、厚さなど、顧客層にあわせたおしぼりの提案までしてくださるのでとても助かりました。

導入された商品

型番 おしぼりグレード おしぼり収容量 商品特性
CHC-34F
商品ページ≫
100/白色/ソフト 布おしぼり120~160本 温め・冷やすの同時対応可

魚河岸 ていじ 様について

平成28年1月15日(土)OPENの「魚河岸ていじ」、
同市内蘇我駅で千葉県内有数の 繁盛店舗である「焼鳥ていじ」の2号店として関根悌二オーナーが満を持して開業した。
従業員教育に極めて熱心 な氏の薫陶を受けた神田店長が、
オープンカウンター前の焼き台に陣取り、逸品干物を豪快に備長炭で原始焼きで 仕上げるライブは堪らない。
函館と地物房総の魚貝は朝どりの新鮮さ、
おしぼりは笑顔を添えた手渡しで来店 客のハートを掴んでいる。
席数60席に対して大型機であるMOCA34Fが店舗中心に配して、お一人様二本以上 が手渡しされる。